デルタ航空エコノミーコンフォート

グアム旅行出発の朝はまた雨

スポンサードリンク

2012年12月22日の土曜日、今回も朝9時25分発のデルタ航空290便に乗ってグアムへ行く。
2時間前に成田空港に行かなくてはならないので、けっこう早く起きなければならない。
色々な準備があるし、興奮して旅行の前は眠りの浅い私は、早くも4時半に起きて準備を始めた。
遠足前の子どもみたい。

 

子どもたち二人もしばらくすると起きだしてくる。
小さい子どもはどうして母親が起きると、察知して起きてくるんだろう。
特におっぱいを飲んでいる小さい子どもはそれが強い気がする。
やっぱりおっぱいを飲んでいるうちは、母と子どもはまだ一心同体なところがあるのだろうか。

 

とりあえず二人とも元気でご機嫌だ。
ほっ。良かった。予定通り飛び立てそうだ。
小さい子どもがいる旅行は、まず無事に出発できるかどうかが重要である(突然熱出したりするから)。

 

6時過ぎには家を出た。
なんと外はみぞれ交じりの雨。
たいした量ではないけど、歩いていくと濡れそうなので、駅までタクシーで向かう。
本当に私はこういうときに雨に降られることが多い。
昔からの長年の思い込みが、雨を引き寄せているのだろうか?

 

成田空港第一ターミナル

さて、今回はデルタ航空なので、成田空港第一ターミナルになる。
そしてデルタ空港のカウンターは北ウイングなので、まっすぐ北に向かう。
前は間違えて南ウイングに行ってしまって、思わぬ遠回りをしたので今回は気をつけた。

 

デルタ航空のカウンターに行くと、けっこうたくさんの人が並んでいた。
私たちも列に並び、そのうちスタッフの人に案内されてチェックインするための機械に案内された。
今はもう機械でそれぞれやらせるらしい。

 

それがまたこの機械がわかりにくくて、何度も間違えたりして時間もかかり、結局スタッフの人に何回も聞きながらやっとチェックインでき、Eチケットももらえた。
もうちょっとわかりやすくしてほしい(ぜんぜん早くないし)。

 

今回は追加代金を払って“エコノミーコンフォート”にしてみた。
エコノミーなんだけどちょっと席の足元が広くて、アルコールも無料で飲める席にしたので、ちゃんとその席になっているか確認した。
よし、大丈夫みたい。

 

無事手続きを済ませ、その後南ウイングにあるみずほ銀行で両替も済ませる。
前回15万円両替して7万円くらい残ったので、今回は10万両替した。
1ドル86.95円だったので1150ドルになった。
新札だしけっこうな量の札束になるので、分厚くて扱いにくくて大変。

 

それにしてもちょっと悔しい。
実は旅行に行くほんのちょっと前までは、円がもっと高く78円とかだった。
なのに1週間くらい前に阿部政権になり、それへの期待感から円安になり始め、今の86円となったのだ。
もうちょっと前に旅行していれば、もっと円高の恩恵が受けられたのにな〜なんて思ってしまう。
まあ今のでも昔からすれば十分円高だけど。

 

さて、両替も終わり、そのまますぐ出国審査のゲートをくぐる。
冬休みなったといってもまだ年末の混雑はなく、いつもくらいの人の多さだ。
手続きもスムーズに終わり、中に入る。
いつもそうだけど、ここをくぐるまでは安心できない。
パスポートはちゃんと持っているか、はたまた期限切れでないか、それと航空券の名前とパスポートが違っていない歌など、心配性の私はここをくぐれてやっと安心することができるのだ。

 

ちなみに私は普段よく、海外旅行をする夢をみる。
それがまた空港に着いたらパスポートを忘れて焦っていたり、飛行機の時間に間に合わないといって電車の中ではらはらしている夢だったりで、けっこう疲れる夢ばかりだ。
よっぽど出国するにあたって心配しているみたいだ。

 

搭乗口は24番ゲートなので、そこまで行き、そこの近くの席で家から持ってきたおにぎりを食べて朝食とした。

 

いよいよ搭乗!

 

デルタ航空の飛行機に搭乗

 

しばらくして搭乗。
エコノミーコンフォートはエコノミーの乗客のうちでは一番先に乗れることになっている(一応優先搭乗)。

 

エコノミーコンフォートは確かに、エコノミーの中の一番前の数列にあった。
後ろまで行かなくていいのも楽でいい。

 

うちはそんなエコノミーコンフォートの中の2列目の3席。
一番前の席だったら、前に少しスペースがあるところだったので、さらに広そう。
できることなら一番前が良かった。
今度乗るときは、できるだけ一番前を狙おうと思った。

 

さて、足元の広さだけど、エコノミーのほかの席にくらべて広いのかどうかは比べてみなかったのでよくわからない。
そういわれてみれば少しは広いのかな?という程度で、「わぁ〜、広い!」というほどではない(それならビジネスクラスか)。
トイレがすぐ斜め前にあるので、その点は便利でいい(子どもは突然トイレに行きたくなるから)。

 

飛行機は9時25分発だったが、予定よりもちょっと早めに離陸。
機内はほぼ満席のようだ。

 

離陸時に娘におっぱいをあげると、そのまま眠ってしまった。
「良かった、これでゆっくり食事が食べられる♪」と思いきや、少ししたらぱっちり目が覚めてしまった。
がっかり。

 

息子はしばらくの間、“トムとジェリーの間違い探し”という雑誌に夢中。

 

子連れ飛行機に役立つ雑誌間違い探し以外にも子供が楽しめる内容あり

 

これは買ってきたもの。
うちの子供たちは“トムとジェリー”のDVDが大好きで、よく家で見ている。
さらに息子は“間違い探し”のイラストが大好きで、ちょっと前に“トムとジェリー”の間違い探しばかりが載っている雑誌を本屋さんで見つけ、この日のために買っておいたのだ。
1冊分丸まる間違い探しが載っているので、これなら時間が持ちそうだ。

 

ただ誤算だったのは、一人ではやってくれず、私もずっと付き合わされた。
これ、けっこう疲れる。
小学生くらいになれば一人でやってくれるのかな?

スポンサードリンク

次のページ>>グアム空港に到着

子連れグアム旅行記2012冬・目次

グアム旅行記1日目

グアム旅行記2日目

グアム旅行記3日目

グアム旅行記4日目

グアム旅行・お役たち情報

施設別まとめ

スポンサードリンク